タグ:販売終了

三菱自動車パジェロの国内販売終了について

ブログ

 

今回、三菱パジェロ国内販売終了に至り、パジェロについて、語ってみようと思います。

《パジェロ》と言う名、初めて世に繰り出したのは1973年。それは第20回東京モーターショーでした。J52型JEEPをベースとしたこの車体に当然の如く、大きな関心を示す者は《ほんの極僅か》でした。

しかし、その6年後の第23回東京モーターショーにて《パジェロⅡ》として登場。馴染みやすいフロントマスク、フロント脚廻りを従来のホーシングから独立懸架(フロント側)の全く新しいコンセプトのクロカンSUVへと進化。

 

この進化を遂げた4WD車には、物凄い熱い関心と視線が人々から注ぎ込まれ、それにともない三菱内部でも商品実現化が急務とされました。

 

更に、1981年の東京モーターショーへ参考出品を経て翌年1982年4月、遂に正式発表の日を迎えたのでした。

パジェロデビュー

 

1953年
三菱とUSAウィリス社との提携 JEEPの生産を三菱も開始。

1955年
主要部品を含め完全国産化に成功

それ以降、JEEPはTOYOTA自動車のランドクルーザー、日産自動車のパトロール 等が持ち得ない、また、ずば抜けた悪路走破性により、
その地位を不動の物にしました。

 

しかし、1970年代他社ライバルが輸出指向を高め、一方 三菱はJEEPの輸出を思うように出来ず様々な事情に苦しめられました。それはUSAウィリス社との契約内容により《三菱JEEPは東南アジアを除く海外への輸出を制限する》と言う項目が含まれていた為です。

 

そこで、契約内容に縛られ無い《独自のコンセプト4WD車の開発》が急務となり輸出可能なコンセプト4WD MITSUBISHIパジェロ が今日に至る存在でした。しかし、時代の流れ、低燃費、充実機能、 高性能開発等からTOYOTA自動車や日産自動車に押され国内販売の低迷から、《輸出方向にせざるおえない》と言う決断に至ったそうです。

 

僕個人のパジェロのイメージとしては、パリダカールラリーのイメージ【砂漠のスポーツカー】が非情に強く、今回の決断は本当に残念極まりないですね。

 

何しろ、自動車歴史の永い、フランスのプジョー【こちらは砂漠のライオン】・シトロエングループに真正面から立ち向かう三菱の姿勢、開発思考やアイデアには見張る物があり、例えばドライブシャフトの冷却だけを見ても、シトロエンは解決に至るまで2年を要しても三菱は独自の技術理論でほぼ半年で問題解決してしまう等、とても高いレベルの熱意が感じられます。

 

時代の流には逆らえないとしても、開発者の熱意、少しでもこの記事で伝われば、大変嬉しく思います。

 

今度は輸出専用モデルになるので、お目見えしましたら、是非紹介したいと思います。勿論、逆輸入での入手する術も有りますから、Crazyなファンには、何も問題は見当たらないとは思いますが。皆さんはいかがお考えでしょうか。