カテゴリー:ブログ

記事一覧

三菱自動車パジェロの国内販売終了について

ブログ

 

今回、三菱パジェロ国内販売終了に至り、パジェロについて、語ってみようと思います。

《パジェロ》と言う名、初めて世に繰り出したのは1973年。それは第20回東京モーターショーでした。J52型JEEPをベースとしたこの車体に当然の如く、大きな関心を示す者は《ほんの極僅か》でした。

しかし、その6年後の第23回東京モーターショーにて《パジェロⅡ》として登場。馴染みやすいフロントマスク、フロント脚廻りを従来のホーシングから独立懸架(フロント側)の全く新しいコンセプトのクロカンSUVへと進化。

 

この進化を遂げた4WD車には、物凄い熱い関心と視線が人々から注ぎ込まれ、それにともない三菱内部でも商品実現化が急務とされました。

 

更に、1981年の東京モーターショーへ参考出品を経て翌年1982年4月、遂に正式発表の日を迎えたのでした。

パジェロデビュー

 

1953年
三菱とUSAウィリス社との提携 JEEPの生産を三菱も開始。

1955年
主要部品を含め完全国産化に成功

それ以降、JEEPはTOYOTA自動車のランドクルーザー、日産自動車のパトロール 等が持ち得ない、また、ずば抜けた悪路走破性により、
その地位を不動の物にしました。

 

しかし、1970年代他社ライバルが輸出指向を高め、一方 三菱はJEEPの輸出を思うように出来ず様々な事情に苦しめられました。それはUSAウィリス社との契約内容により《三菱JEEPは東南アジアを除く海外への輸出を制限する》と言う項目が含まれていた為です。

 

そこで、契約内容に縛られ無い《独自のコンセプト4WD車の開発》が急務となり輸出可能なコンセプト4WD MITSUBISHIパジェロ が今日に至る存在でした。しかし、時代の流れ、低燃費、充実機能、 高性能開発等からTOYOTA自動車や日産自動車に押され国内販売の低迷から、《輸出方向にせざるおえない》と言う決断に至ったそうです。

 

僕個人のパジェロのイメージとしては、パリダカールラリーのイメージ【砂漠のスポーツカー】が非情に強く、今回の決断は本当に残念極まりないですね。

 

何しろ、自動車歴史の永い、フランスのプジョー【こちらは砂漠のライオン】・シトロエングループに真正面から立ち向かう三菱の姿勢、開発思考やアイデアには見張る物があり、例えばドライブシャフトの冷却だけを見ても、シトロエンは解決に至るまで2年を要しても三菱は独自の技術理論でほぼ半年で問題解決してしまう等、とても高いレベルの熱意が感じられます。

 

時代の流には逆らえないとしても、開発者の熱意、少しでもこの記事で伝われば、大変嬉しく思います。

 

今度は輸出専用モデルになるので、お目見えしましたら、是非紹介したいと思います。勿論、逆輸入での入手する術も有りますから、Crazyなファンには、何も問題は見当たらないとは思いますが。皆さんはいかがお考えでしょうか。

WRCラリージャパン2019、残念ながら復活見送り・・・

ブログ

こんにちは!

MEDUSAのスズキです!

去る10月12日に、

フランスのパリにて

FIA世界モータースポーツ協議会が開かれました。

そこで事前に報道があった通り、

ツール・ド・コルスが残り、

ラリージャパンが含まれない

世界ラリー選手権(WRC=ワールド・ラリー・チャンピオンシップ)

のカレンダーが発表されてしまいました( ;∀;)

発表されたカレンダーは以下の通りです。

 

 

2019年 FIA世界ラリー選手権(WRC)カレンダー
第1戦 モンテカルロ 1月24~27日
第2戦 スウェーデン 2月14~17日
第3戦 メキシコ 3月7~10日
第4戦 フランス 3月28~31日
第5戦 アルゼンチン 4月25~28日
第6戦 チリ 5月9~12日
第7戦 ポルトガル 5月30日~6月2日
第8戦 イタリア 6月13~16日
第9戦 フィンランド 8月1~4日
第10戦 ドイツ(日程確定待ち)8月22~25日
第11戦 トルコ 9月12~15日
第12戦 英国(日程確定待ち)10月3~6日
第13戦 スペイン(日程確定待ち)10月24~27日
第14戦 オーストラリア(日程確定待ち)11月14~17日

※出典:https://f1-gate.com/wrc/calendar_45301.html

ご覧の通り、WRCラリージャパンの復活は

見送られてしまいました。

すでにみなさんもご存じだとは思いますが、

すでに複数メディアが報じています。

2018年8月には委員会の中心を担う

株式会社サンズという会社

WRCプロモーターとの開催契約を結んだこと、

FIAに申請を行ったことが知られていました。

ところが、来シーズン向けでは、

日本だけではなく、チリも名乗りを上げ

今季限りの予定だったツール・ド・コルスも

残留確定になった様子です・・・。

日本とチリを含めてしまうと

WRC年間開催数は全15戦に上がってしまい、

TEAMの立場で考えると

輸送費などの経費が膨れ上がるため、

FIA等で開催数全14戦に抑える方針が

とられることになってしまいました。

その結果、ラリー・ジャパン復活は

見送られる事に至ったようです。残念!

事前の情報では、

ラリージャパンはツール・ド・コルスに代わって

カレンダー入りするのでは、

とも言われていただけに残念でなりません。

世界ラリー選手権(WRC)は、

過去北海道でラリージャパンとして

2004年から2010年まで

日本ラウンドが6回開催されていましたが、

その後は日本での開催はありませんでした。

今年の8月には、WRCプロモーターと

WRC日本ラウンドの開催契約を

締結したことを発表しており、

開催地は愛知県と岐阜県の2県にまたがる

地域での開催を予定し、

イベント施設は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

の使用を計画までしていました。

さらに、日程は、今回の12月に発表される

FIAの国際競技カレンダーへ掲載されることで正式開催決定!

という運びになるはずでしたが、

結局は、非常に残念な結果となってしまいました。

熱狂的なWRCファンとしては、

2020年ラリー・ジャパン開催に向けて仕切り直しを見守り、

応援したいですね。

すでに日本とケニアは、

2020年のWRCカレンダー入りを目指し、

2018年中にキャンディデートイベントを

予定しているようです

2020年こそ、

ラリージャパンのカレンダー入りが実現するといいですね!

それではまた!

MEDUSAモディファイドについて

ブログ

こんにちは。MEDUSAモディファイドの鈴木です。

 

今回は、私のお店についてお伝えしていきます。

 

 

マフラー工場

 

まず、お店の方向性ですが、もともと私はチューニングカーが好きで、

 

プライベートでチューニングをしていました。

 

チューニングと言いましても、

 

マニア色が濃いものから薄いものまで様々ですが、

 

ちょうど真ん中より少し濃い目の感じの

 

チューニングを行なっていました。

 

 

ある日、ふと見た雑誌に、

 

マフラー工場設立の募集が掲載されていたんです。

 

その募集を見たときに、

 

マフラーなら自分にもできるかもしれないな、

 

思い立ちました。

 

当然、溶接などはお手の物でしたので。

 

 

そこで、思い立って東京に履歴書を送ったところ、

 

すぐに電話がかかってきたんです。

 

そして、プライベートでマフラーの加工をして

 

別の車に取り付けたりしていることをお話ししたら、

 

とりあえず東京に来てください、という事になって、

 

私もすぐに上京したんですね。

 

 

東京では、自分がいかに車が好きかということと、

 

自分のポリシーを社長さんにお伝えしたんですね。

 

私は、

 

マフラーだったらこういうものでないと付けたくない、

 

という、熱意をお伝えしたんです。

 

すると、社長さんは、

 

あなたに任せるので好きなものを作ってみてくれ、

 

という話になって。

 

 

 

結局、約1年で、80車種くらいのマフラーを製作したんです。

 

ワンオフ、いわゆる特注品ですね。

 

そこの社長さんが求めていたものは、

 

フジツボや5ZIGENなど、

 

有名マフラーメーカーの工場のようなイメージだったようでした。

 

 

その当時は、マフラー工場などと言うものを持っているところは

 

少なかったのですが、実際にやってみよう、

 

ということになったんです。

 

 

そして、マフラーの勉強をしながら、

 

当然、自分がつけたくなるようなマフラーをイメージしながら、

 

設計して量産するまでの態勢を、私が請け負うことになったんです。

 

 

その時は、スチール製とステンレス製のマフラーを

 

それぞれ設計していました。

 

やがて足回りのチューニングへ

 

そもそも、私は学生時代から、

 

オフロードのラジコンをやっていまして、

 

やがて自作車輌でレースに出たりもしていたんです。

 

まあ、その延長線上で、

 

車の足回りのチューニングも

 

携わるようになっていったんですね。

 

 

その辺りが土台となって、

 

今は車の潜在能力を引き上げる

 

チューニングを主に行うのが私の会社、

 

MEDUSAモディファイドなんです。

 

MEDUSAの方向性

 

さて、私の方向性に関してですが、

 

例えば、自分が乗っている車の部品があるかどうか、探すとします。

 

実際は、人気車種の部品はあるのですが、

 

あまり人気のない車種だった場合は、

 

あまりないのが現状なんですよね。

 

 

そうなると、

 

前述の特注品で作製しなければならなくなるんですね。

 

ただ、この「特注品」というだけで、

 

物凄く金額が高くなってしまうんですね。

 

例として挙げるなら、

 

シルビアやスカイラインに取り付けて

 

性能が上がる足回りのパーツを、

 

プリメーラやサニーに取り付けよう、と思ったら、

 

部品がない、

 

と言うことになってしまうんです。

 

 

当然、同じ足回りにつける部品なので、

 

仕組み上は同じように性能があがるはずなんですね。

 

ですが、人気車種のシルビアやスカイラインには

 

その部品はあるのに、

 

プリメーラやサニーには、部品がない。

 

なので、同じ部品を作ってもらうと、

 

特注品なのでかなり割高になってしまうんです。

 

その穴埋めを、私ができれば、

 

というのも今の会社を始めるキッカケだったんですね。

 

 

そうなると、基本的にはプライベート部品

 

ということになるので、

 

然、自分で取り付けられることが前提となります。

 

そうなると、やはり出来るだけ取り付け易くなければならない。

 

せっかくやすい部品を手に入れられても、

 

どこかのショップで取り付けてもらわなければならなければ、

 

工賃が発生するので、結局は高くついてしまい、

 

全く意味がなくなってしまいます。

 

 

ですから、特殊工具を使わなくても、

 

お客様でも取り付けられる、

 

取り付けやすい部品であることが、

 

最も重要となってきます。

 

取り付けやすくて、しかも効果は変わらない部品を提供する、

 

ということです。

 

よほどのことがない限り、

 

一般的な工具で取り付けられるような部品を

 

設計するように心がけています。

 

 

また、そのような流れから、

 

ある程度いじっている車の車検の受付もしています。

 

また、排気効率のいいマフラーの製作も請け負っています。

 

車のカスタマイズも手掛けておりますので、

 

興味のある方はぜひ一度ご相談いただければと思います。

 

当ブログについて

 

このブログでは、車に関する様々なことについて、

 

私の経験をもとに綴っていこうと思いますので

 

よろしくお願いします。

 

また、YouTubeチャンネルも立ち上げましたので、

 

興味のある方は覗いてみてください。

 

YouTubeでは、もちろん車に関することが中心ですが、

 

いろいろなことにチャレンジしようと考えています。

 

リクエストなどもいただけると嬉しいです。

 

今後共よろしくお願いします。